後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ON TARGET Special NO.7  V-Bombers  Britain's Cold War Nuclear Deterrent
日本シリーズも巨人が東京ドームで連勝したと思ったら、今度は札幌に移動して2連敗、そして今日11月1日はこのブログを書きながら試合が始まるのを待っているところ。すでに米も研いだし、今日は冷凍庫のスペース確保のため冷凍餃子でも食するとしよう。

この料理にオヤジは、卓上IHクッキングヒーターを使っていると以前書いた。使った後はまだ暖かいうちにふきんで拭いてきれいに保とうとしてはいるのだが、どうしても汚れがこびりついて取れなくなってしまう。

表面に敷く保護シートを買おうかとも思ったが結構高いので、ひとまず放っておいた。そして例によってアマゾンのサイトを眺めていると、IHクッキングクリーナーなる清掃アイテムを発見したのだ。

これは使えるかなと、1,010円と手頃なこともありひとまずカートに入れておき数日経てからみたらびっくり、何と709円に下がっているではないか。もちろん即注文したぞ。たまにこんなことがあるから、毎日アマゾンのサイトを眺めるのは欠かせないのだ。

そして今日届いたので早速使ってみると、それまで中性洗剤では落ちなかった汚れがきれいに落ちるではないか。研磨剤を使うのだが表面には傷がつかず、往年の輝きを取り戻してオヤジは少し嬉しくなったぞ。

IHクッキングヒーターを使っていて汚れが落ちないという方がいたならば、ぜひこの製品をお勧めしたい。ただし先ほどのぞいて見たら、価格は1,010円に戻っていた。それでも十分価値あるアイテムだと思う。

さて今回は、2010年に刊行されたオン・ターゲット・シリーズの近刊「ON TARGET Special NO.7 V-Bombers Britain's Cold War Nuclear Deterrent」を紹介しよう。

そのタイトルからもわかるように、冷戦期におけるイギリス核抑止力の一翼を担ったヴァリアント、ヴァルカン、そしてヴィクターのいわゆる3Vボマーを取り上げた本だ。

最新刊でバトル・オブ・ブリテン当時のイギリス、ドイツ両国参加機のカモフラージュとマーキングを集めた本には及ばないが、それでも148ページというボリュームはシリーズでもトップクラスだ。

シリーズに共通する体裁にまとめられ、各機体の開発などを記述しながら色指定によるカラー側面と4面図がずらりと並べられており、随所に写真(モノクロ中心だがカラーもある)が挿入されていて、モデラーには何かと役立とう。

またカラー図にはそれぞれ参考にした資料が掲載されており、入手不能なものもあるがこれはこれでありがたい配慮といえる。塗装図自体の解説も、この種の本としてはきわめて詳細だ。

オヤジはちょうど品切れだったため、出品者から購入したので送料込みで2,000円近かったが、さっき調べたらまだ入荷はないものの、出品者価格1,761円+送料250円で、ページ数を考えるとお買い得いといっていい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
アジアシリーズはどうなったww
師匠wwそれではご飯いつ食べたのですか(爆)
しっかしIHクリーナーですか。
自分も卓上IH欲しいと思っているのですが、どうなんでしょうね?
あれば便利ではあるのでしょうが。

…んま、それはともかく、3Vボマーも未だ人気ありますねぇ…
というか、『戦略爆撃機』って機種自体が絶滅危惧種ですからなぁ。
もはやこの手の機種は米露しか持っていないが、ともに次期爆撃機は計画どころか要求仕様すら固まってないですから。
自分たちが生きている間に新機種が見られるんでしょうか…
下手したらBー52の退役すら。
いったいどうしてこうなった。
2012/11/08(木) 20:07:47 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
私事ですが、キットは確保してあるんだけど、中々手を着けられないでいますなー
3V…

何よりも念願のB-47が優先…ですしねぇ~

何時になるやら・・・
2012/11/08(木) 20:48:50 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/421-e2fe4855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。