後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイバーホビーのシーキングAEW.2 その3
朝TVでニュースを見たら(9月17日)、昨日に続いてまたもや三等国の国民がデモで日本人に迷惑をかけている。それを国が容認しているというのだから、もはや法治国家とは言いがたい。どうせ三等国だからと開き直られたら、どうしようもないのだが…。

それでもまだ、こんな世界最大の兵器輸出国のひとつでもある中国に、ODAを続けますか? 今回の状況はデモこそなかったものの南沙諸島でフィリピンから島を強奪したパターンに酷似しており、実際尖閣列島へ大量の漁船が侵略の準備をしているようだ。

この侵略者どもに対して、詐欺政権の詐欺首相はいかに対抗するのか、まずはお手並み拝見といこう。主権国家としての正しい行動を期待しているのだが、やはり根が詐欺なので猫に日本語を話させるほうがまだ可能性が高いな、これは。

さてここからは前回の続きで、前のHC.4コマンドでも書いたが、エンジン室後方フェアリングのオイルクーラー排気口周囲に取り付けられているフェアリングがまたしても用意されておらず、そのためその後方に備えられている円筒形のレドーム装着位置が、実機よりも前方により過ぎた位置への接着が指示されているというのは問題だろう。

正しい位置は、このレドームの前方1/3程度がスライド式ドアの後端より前に位置しており、前述のフェアリングがないことによる弊害だろう。さらにスライドドア後方下部にモールドされている長方形の張り出しは、HC.4コマンド特有の装備なので切除しておこう。

この際に開口部が生じるため、これはきちんと埋めて整形すること。またスライド式ドアの下方にステップを接着するように指示されているが、これまた不要なので要注意。

キャビン内のコンソールなどは省略されており、HC.4用の座席を接着しろというのはどうかと思う。気になる方はコンソールの自作を勧めたいが、資料が少なく難しい作業となろう。ただしこれを、キットの欠点とするわけにはいかない。

それは、より大きなハセガワの1/48キットでも省略されているからだ。まあセットしてくれればそれに越したことはないのだがコストとの兼ね合いもあり、そう責めるわけにも行かない。これは別売のディテールアップ・パーツを待つのがベストだろう。

しかしいいこともある。それはHC.4コマンドでスライド式ドアの後方に設けられていた燃料注入口がないことで、埋める手間を必要としない。って、HC.4製作に際しては自作しなければならないってことだろう。何か違うゾ。

まあいろいろ書いてきたが、問題はあるにせよキットとしては前述のフェアリング欠如を除けば秀作であり、各型式をキット化する際に生じる問題を克服するのはモデラーだと割り切ればお勧めできるキットだ。

なおデカールは良質のカルトグラフ製で、本機を装備する第849飛行隊所属機3機分がセットされている。マーキングもこれまた3種が用意されているし、これならば別売でカールの必要などない。

ただし、エンジン室左右の角形排気口(熱交換器? APU?)がベタに印刷されているので、周囲の赤縁のみを残して切り取る必要があるし、左右キャビン側面の排気口(その用途は不明だが)周囲の汚れを隠す黒塗装は、マスキングして自分で塗らなければならないというのは、なんとも親切心に欠けるといわざるを得ない。
スポンサーサイト
コメント
コメント
AEW2のコンソールって
公開されているんですかねぇ…
日本だとE-767 にしろE-2にしろ非公開ですが。
昔々、基地祭で退役直前のP-2Jの中を見る機会に恵まれましたが、対潜機器のある部分までは非公開でしたね。
機首の見張り窓は眺めが最高ですよ。
電子戦とかが絡むと見る人が見るとバレる可能性があるんで、見せないのでしょうね。
…ってなわけでシーキングAEW2のキャビン再現は妄想全開で構わないような気がしますが…どうなんでしょうねぇ?
さて。
2012/09/25(火) 19:37:55 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/412-0115c90f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。