後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FLYING AMERICAN COMBAT AIRCRAFT The Cold War
このところ東京は、連日30度を超える暑さが続いているが、まあこれはどこも大差ないはずだろう。オヤジの家は神奈川といっても限りなく東京に近く、なんせ前の駅「京王多摩川」と後ろの「京王よみうりランド」はどちらも東京都なのだからにして。

今日(これまで日付を書いてこなかったが、いまひとつわかり難いかも知れないから、今回から日付を入れる)7月16日は海の日ということで、確かに海に入りたくなるような暑さかと思いきや、オヤジの家は多摩川の川原に近いせいか風さえ吹けば空調を使わなくとも何とかなっている。

例えば今日の家の中の気温は32度、湿度62%だが、それでもクーラー大好きのオヤジが、使わなくとも昼間を過ごしこのブログを書けるほどだ。まあその背景には、電気料金の軽減という大命題があるのだが…。

昨日はピーマンが2個残っていたので、セブンイレブンの宅配サービスで購入した日替わり惣菜とともに食そうと思い、簡単に蒸し焼きを作ってみた。これはオヤジのオリジナルではなく、12chのレディース4で放送していたのだ。

まずピーマンを洗い、爪楊枝で数箇所に破裂防止用の穴を開ける。続いて温めたフライパンにほんの少し油を引いて熱し、そのままピーマンを入れて転がしながら焼き色をつける。

手頃な焼き色がついたら塩少々を振りかけて数度ピーマンを回し、水大サジ2杯を投入して蓋を閉めて蒸らすこと4分程度。これで種もヘタも残すことなく食することができる。オヤジはこれに醤油を少々かけて食べたが、とてもうまかったゾ。

今回は最近また再燃してきた「いじめ」について書こうと思ったが、少々前振りが長くなってしまったので次回へ回し、1年ほど前に購入した「FLYING AMERICAN COMBAT AIRCRAFT The Cold War」を紹介しよう。


Flying American Combat Aircraft: The Cold War (Stackpole Military History Series)Flying American Combat Aircraft: The Cold War (Stackpole Military History Series)
(2005/07/10)
Robin Higham

商品詳細を見る


このタイトルだけでは、冷戦中のアメリカ軍戦闘用機を扱った本だろうな程度しかわからないと思うが、その実態は登場する各機種に乗ったパイロット達が、その機体に関して綴ったもので、いわばパイロットの生きたレポートをまとめた本なのだ。

普通このような本を出すに際しては、ある程度一貫した内容とするのが常識的なのだが、本書はそんなことはお構いなしで、各人が好きなようにその機体に関して記述している。

例えば開発に関して書く者や、思い出話を綴る者など、ある意味バラエティーに富んでいて、これはこれで面白い。ただし共通して機体への搭乗から離陸、そして帰還までがそれぞれの視点で語られていることは変わらない。

内容的にはかなり面白いものがあり、例えばF-4からA-7Dに転換したパイロットがその離陸の遅さを嘆いてみたり、F-100のエルロン・リバーサー(エルロンの逆効きですな)について語ったりと、ぜひ一読をお勧めしたい一冊だ。

登場する機体は順に、F-15、B-52、F-84、C-141、B-58、OV-10、F-104、A-1、B-32、F-80、F-111、C-130、B-57、F-84F、KC-135、F-86、F-105、0-2、B-47、F-100、F-94、F-4、RC-121D、F9F-2、A-7D、F-89、F-106、T-29、XF-12とかなりバラエティーに富んでいる。

唯一海軍機として取り上げられているのがF9Fというのがわからないが、まあそれはそれでいい。価格は今日調べたら1,930円とオヤジが購入したときよりも400円ほど高くなっていたが、432ページという結構なボリュウムの本としたら安いことは間違いない。

あっ、同じ体裁で第二次大戦のアメリカ戦闘用機を扱ったものもあり、赤貧ゆえなかなか購入できないのだが、来月には購入しようと考えているぜぃ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
やー日本語訳で読んでみたいですな
B-32とかRC-121とかは珍しいですね。
B-32は坂井三郎氏最後の空戦相手としても知られていますが、それだけの飛行機ww
ともあれこういう本が出るのがアメリカのミリオタの裾野の広さを物語っているような気がします。
RC-121(コンステレーション)系列は背が高くてタラップ上るだけで大変そう。
昔の人は文句言わずに乗ったんだから大したものです。
2012/07/19(木) 19:12:53 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/398-6c9082ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。