後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NIMROD RISE AND FALL
いつもは昼頃になるとそれなりに腹がすいてくるのだが、今日も朝早く(オヤジはたいがい6時前には起きているのだ)起きて、録画した映画などのA-B消去を行いつつ本を読み、可愛い岡江久美子が出ているはなまるマーケットを見ながら、このところ続いている翻訳の仕事に取り掛かった。

オヤジの年になると岡江久美子もぜんぜん若く感じるし、月曜にしゃしゃり出てくる友近とかいう、うざいアルサロ(アルバイトサロンなんて、もはや知ってる人いないよナ)オバンを見るより何億倍も増しだ。しかしオヤジの彼女は、底意地の悪さを感じ取ったのか岡江久美子は嫌いという。

そりゃ焼きもちだといわれるかも知れないが、オヤジがこよなく愛するユッキー(ちなみに、仲間由紀恵のことね、念のため)は嫌いじゃないのだから、それは違うだろう。まあはなまるは料理がらみが多いので毎日見るのだが、友近とこれまた嫌いな、いとうあさこだけは何とかして欲しいゾ。

じゃなくて、本来ならば昼頃には腹が減るにもかかわらず今日は減らないので、これ幸いと夕食まで抜くことにした。それでもってお好み焼きを作ることにし、まず肉を解凍して5時になったら生地を作って1時間ほど寝かせ、6時から焼き始めるのだ。お好み焼きは好物のひとつなので、オヤジの家には粉と天カス、乾燥小エビ、それに紅しょうがはいつも揃っているのだ。

明日はPALシステムの配達日、ということは純米酒2リットルが届くので、先日冷蔵庫の奥で発見した最後に残っていたビールを飲みながら食するとしよう。なんと言う充実した一日なのだろうか、なんてね。

さてここからは前回の続きで、通常この種のモノグラフでは開発が結構なページを占めるのだが、本書では極めて簡単に紹介し珍しく対潜水艦戦に関しての記述を用意している。

また機体解説の一助として機内各部に配された乗員ステーションや武装などをカラー写真を交えながら解説しており、これは従来の類書にはないもので結構面白い。それからあとは数章に分けて本機の任務である対潜、洋上捜索と救助、バルカン方面やイラキフリーダムにおける作戦状況、フォークランド戦といったインアクションが綴られる。

またニムロッドの事故状況や試作に終わった早期警戒型、これまた試作機改造のみで計画自体がキャンセルされたMRA.4も、それぞれに1章を割いて記述している。随所に収められた写真は初めて公表されるものが多く、しかも大半はカラーでニムロッドのファンならば十分楽しめよう。

巻末には乗員の搭乗記や略語一覧、年表、MR2とMRA4の基本データなどが用意されており、モデラー向きとは言いがたいものの数少ないであろう本機のファンならば、ぜひ購入をお勧めしたい。今日調べたらアマゾンで2,650円と、200ページを超える本としては意外に安価だ。
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
岡江さんといえば
麻木さんも…ってところですが、その麻木さん、例の騒動で相当嫌われたらしく、視聴率が取れなくなっちゃいました。
や~~女の争いは怖いですねぇww
んま、それはともかく…
ニムロッドAEW.3は発想は面白かったんですけどねぇ。
今のようにAESAレーダーがあったら良かったのかも。
本当にイギリス機はようわからんですね。
2012/06/12(火) 19:24:05 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントありがとうございます
いや、HJももう少し原稿料はずんでやればいいのに…
ともあれチトカラ出撃、気をつけていってらっしゃい~~
2012/06/13(水) 21:06:51 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/386-ca1bf9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。