後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだ、赤飯を作ろう
出品者価格が200~300円程度なので、このところ鍋がらみの料理本を購入している。これに送料250円也がかかるのだが定価で買うよりもはるかに安く、しかも新本と変わらないほどきれいで古本屋を探す手間と時間を考えると、アマゾンで購入するほうがはるかに楽だ。

というわけで鍋以外の料理本も色々と買っているのだが、眺めるばかりでいっこうに作ろうとはしない。前にも書いたが、プラモと同じで見ていると結構作った気分になってしまうからだろう。これではいけないと思って、今度の土曜日には翌日にお寺で集会を開く住職さんに、赤飯を作ろうと考えている。

赤飯というと尻込みしてしまう人がいるかもしれないが、なあに、面倒なのは米を研ぐぐらいで蒸し器を使わずに炊飯器のおこわモードで炊けば、まず失敗することなく炊き上げることができる。後は黒ゴマと塩(専売公社のでは駄目)をフライパンで炒ってゴマ塩を添えればOK。

赤飯の桜色は、ささげ(あずきでもよいが、ささげの方が割れにくく色もより鮮明なのだ)の煮汁を使うということは大半の方が知っていると思う。これに水を混ぜて所定の量とした上で、少し米を浸すことで米自体の色合いも高めることができる。間違っても食紅などを使うなヨ!

このように作業としては実に簡単なのだ。自分が作る場合はもち米3.5合とうるち米0.5合をミックスして、冷たくなってもあまり硬くならないようにしている。赤飯って結構美味しいし、腹持ちがよいので昔から作っていたが最近はトンとご無沙汰になっている。

ただし問題がひとつ、土曜までにもち米とささげを買えるか否かだ。まさかこんな食材まで買い占める人間はいないと思うのだが、こればかりはスーパーに行ってみないとわからないのだ。スーパーといえば、チトカラの西友では未だに食パンを購入することができない。モヤシも普通に買えるようになったのに、パンだけは駄目だ。

ただしこれは語弊がある。実際には4枚切りや6枚切りはまだ数個残っているのだが、自分は8枚切りが好みなので結局購入することができない。これは田舎堤唯一の供給源であるセブンイレブンでも変わらず、これからは自分でパンを焼いたほうがいいのかと考えてしまう。

しかしこの場合は防腐剤など入れないので(まあ当然だな)、冷めたら冷凍しないと3日程度でカビが生えてしまうため、これはこれで結構面倒なのだ。防腐剤入りを平気で食べるなんてという方もいるかもしれないが、これってアンタ、そんなの食べていたら後236年で死ぬよ!って言われるのと同じような気がするゾ。

オヤジが餓鬼の頃は、チクロだサッカリンだと今では考えられないようなものを平気で食していたのだから、防腐剤程度ではまったく恐れることはない。おやつには煮干をボリボリ食べていたので、今でも骨は丈夫だしナ。過保護は反対に人間の免疫性を損ねているのでは…。さすが、還暦になると達観してるネ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>過保護は反対に人間の免疫性を損ねているのでは

全く同感。私は小中とボーイスカウトという名の『タコ部屋』に参加していた経験から、半ば避難民のごとき不衛生な環境を経験しており大概の事は平気なのですが、近頃の親御さんは…。今の子に自分のトイレを自分で掘りなさいなんて言おうものならどうなるんだろう?。

赤飯いいですな。赤飯のおにぎりはよく食べます。腹もちがいいんですよね。
2011/04/04(月) 19:24:17 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
赤飯には
甘納豆…というと本州の人は大概驚きますな。
是非甘納豆入りの北海道仕様赤飯、試してみてください。
おいしいですよ。
2011/04/04(月) 21:23:26 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
例の件ですが
仕事の都合で今週は合流出来そうにありません。
申し訳ないです。
2011/04/05(火) 20:27:48 | URL | 蓮猫ニャー #p8YI0gnU [ 編集 ]
サッカリンナトリウム
今S区避難所の管理者と喧嘩して帰宅しました。薬剤師として薬関係相談のボランティア活動してきましたが、・・阪神淡路の際も同様 今回は管理者に辟易しました。官僚主義で・・S学会員に支配されてます。
今日からは別の都内避難所に行きます。
現首相が偉大な女性政治家 市川房江氏の使い走り時代からよく存じてますが・・
原子核研究所で卒論を書いた小生として一言 大本営平成23年4月×日発表・・・・
2011/04/06(水) 04:21:40 | URL | 天丼@新宿 #ulYx6Mu6 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/370-23645b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。