後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Secret Projects: Flying Wings and Tailless Aircrafts
(震災1時間前に書いたブログです)

最近風邪を引いてしまい、それ以前の赤貧ということもありまったく飲んでいない!偉いぞ、自分。なわけはないな。むろん家に酒はあるのだが、なぜかあまり飲む気にはなれず、そうしていたら風邪を引き飲みたくなくなってしまったのだ。体にはいいんだろうが、それはそれで侘しいゾ。

しかし侘び、寂びなどというのは金持ち連中がいうことで、オイラのような赤貧の言葉ではない。前にも書いたが冷凍食品やレトルト食品は大量にストックがあるので、15kgを超える米とともに十分食いつないでいくことはできる。でも原稿も終わったし、休みには懸念のパン作りにトライしようと考えているのだ。

今日は帰りにチトカラの図書館に行くので、強力粉とドライイースト、無塩バターでも買っておこう。これがあれば基本のパンを作ることができるし、レーズンも購入すればズンパンも簡単に作ることができ、まあ休みに遊ぶには金がかからない趣味ではあるな。それに食べれるし…。

さて今回は、全翼・無尾翼機を一堂に紹介する「Secret Projects: Flying Wings and Tailless Aircrafts 」を紹介しよう。著者のビル・ローズは既にシークレット・プロジェクト・シリーズの円盤機編をものにしており、近々フライングソーサーの技術という本を出版する予定で、適材適所といえるのかも知れない。

Secret Projects: Flying Wings and Tailless AircraftsSecret Projects: Flying Wings and Tailless Aircrafts
(2010/04)
Bill Rose

商品詳細を見る


以前わずかにふれた際、本書をアメリカの機体を取り上げた本というように記した。しかしこれは表紙の写真が小さくYB-49だけが目立ったいたことによる錯覚で、実際には世界中の機体を集めている。すなわち無尾翼機ということで、日本の秋水と秋風も載っているのだ。

登場する機体はイギリス、ドイツ(日本はこのドイツの項に入っている。当然だな)、アメリカ、ソ連各国で、いずれも無尾翼機と全翼機を計画、完成を問わずまとめており、この種の機体が好きな人ならば手元に置いておきたくなることは間違いない。

こうして見てみると、イギリスやアメリカでも結構この種の機体を計画していたことがわかり、シークレット・シリーズと重複する機体もあるがそれはご愛嬌だろう。新しい計画、例えばFB-22やボーイングF/AX、X-48Bといったあたりまでカバーしているのは、昨年4月リリースの強みだろう。

写真や図版も多く、少々偏った主題ではあるが反面類似したものがほとんどないために、まとまった資料としては何かと役立とう。例によって出品者から購入したので価格も3,000円を下回り、内容から考えるとお買い得だった。

シークレット・プロジェクト・シリーズも戦後の機体に関したものはいつの間にか大半が揃ったが、「イギリスの戦闘機戦後編」は既に絶版となり出品者価格も1万円を超えるため、今一つ手を出せないのが悲しい。石塚君、何とか助けてくれ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
秘密計画
で、公開すると…なので秘密なんですね、わかります…ってね。
まあ、XB-35/49みたいに発想に技術が付いて行かなかったケースも00あるしな~~
個人的には震電が全力飛行したらどうだったのか興味があるけど。
一説にはエンジンの冷却が追い付かなかったんじゃね?という話もあるようだけど。
2011/03/29(火) 22:09:09 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
無尾翼は興味無かったんだけどB-2とA-12は別格。ってか後者はポシャッたけど…。まぁ、無尾翼がポイントというよりステルスだから好きなのかなぁ~とも…

 B-2は割り切った工作でテスター1/72を作成中。先にレベル1/144が完成するかもだけど…。
2011/03/30(水) 12:41:30 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
やっぱり難しいですか~~震電。

>>B-2は割り切った工作
というか、よほどスタイルがアレじゃない限りどうしようもないのでは…
パネルラインとかに間違いがあったとしても、あのギザギザのパネルラインとかを手で彫れ、っても無理でしょうし。
でも、テスターって、模型誌でもあんまり取り上げる事ないですね。
古くからあるメーカーですが。
テスターとか、近年復活したウィリアムスとか、知る人ぞ知る、みたいな企画をやる勇者な模型誌はないものか?

(誰ですか!マニア社を忘れたかという人は!※今でもハセガワブランドで流通しているため)


2011/03/30(水) 20:54:01 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/367-1f422e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。