後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原子力動力爆撃機案 コンベア・モデル54
週末は2日間休みということで、スケールアビエーションの原稿や、土曜の夜間出撃もあるのだがそれは置いておいて、土曜にハッシュドビーフ、日曜にはすき焼きをしようと冷凍庫から牛肉切り落とし1kgなりを冷蔵庫に移して家を出てきた。1kgというと結構な塊なので、解凍にも時間がかかるのだ。

このため土曜は、まず洗濯を終えた後に、原稿を書きながらすき焼きの割り下を作り、外に出る前に真空保存鍋でハッシュドビーフの下ごしらえをしてからケースに収め、帰ってきたら酔いをものともせず(ほんとか!)、お馴染み「ちびくろちゃん」でご飯を炊いて、蒸している間にハッシュドビーフを完成させる。

このため今日は、まあ「福屋」には行くものの、すき焼きには欠かせない豚肉と焼き豆腐、そして庭の雑草として悪名の高い春菊に変えてほうれん草、味を左右する椎茸を購入することを忘れてはいけない。オヤジは昔からすき焼きには豚肉も入れるのだ。日持ちがする長ネギや白滝はすでに購入してあるのだよ。

とまあ酒を飲む前にはこのように考えてはいるのだが、果たしてこの計画通りにうまく進むのか、長年自分と付き合ってきているオイラには、チョット心配だ。この豪華2点セットが完成したら、この時期はどちらも日持ちするので、来週半ばぐらいまではおかずの心配をしなくてすみそう。これはありがたいナ。

さて今回は、1946年からアメリカで研究が開始された原子力を動力機関として用いるというとんでもない計画から、コンベア社がまとめたモデル54を紹介しよう。同社はこのモデル54に先駆けて、当時世界最大であった戦略爆撃機B-36Hに原子力機関を搭載したNB-36Hを製作し、飛行試験も行っていた。

この原子力動力機計画で実際に完成したのはNB-36Hのみだが、他にノースロップやボーイング、ロッキード、ダグラスといった老舗も研究を行っており、中でもコンベア社はその最右翼で各種の案を提出している。今回紹介するモデル54はその中のひとつで、しかもジェットに進化していたのだ。

掲載した図を見ていただければわかるように、前翼と大きな後退角とドッグツースを備えた主翼を持ち、主翼下面には左右3基ずつのエンジンポッドが装着された。またインテイクから後方の胴体には原子力機関とエンジン4基を配し、主翼端にはラダーを持つフィンを装着するというラジカルなスタイルにまとめられていた。

全幅は40.9m、全長51.94m、翼面積465㎡と結構なサイズで、全備重量は259,900kgに達している。これで巡航速度900km/hを狙っており、後部胴体内にはジェネラル・エレクトリック製原子力機関XMA-1Aが左右に1基ずつ収められ、それぞれ後方の2基のエンジンに動力を供給していた。

XMA-1の前方には爆弾庫を設け、ここに約4.5tの自由落下型核爆弾が収容された。また主翼下面のパイロンに収められたジェットエンジンにはJ75が用いられ、必要に応じて主翼下面に2発ずつの長射程空対地ミサイルを懸架することも可能だったという。

機首には捜索および航法レーダーが収められ、図を見る限りでは4名程度の乗員が登場したものと思われる。また自衛用火器は未装備だが、電子妨害機材やチャフロケット、赤外線欺瞞デコイを標準装備しており、その後主翼下面のエンジンは2基をナセルに収める(つまり6基から4基に減ったということなのか)形式に変更されたという。

そしてモデル54は、各部にリファインを図った改良型NX-2に発展するが、結局実らないままに終わった。これは他の各社の案も同様で、事故が発生した場合の危険性は通常の航空機の比ではなく、その対策は不可能だったため原子力動力機の構想は花開くことなく終焉を迎えた。

2_convert_20110202112508.jpg

コンベア社の手になるモデル54の3面図。主翼の後退各は51度と結構大きく、爆撃機としては珍しくドッグツースを導入していたことがわかる
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
こんばんは
空飛ぶ核爆弾は怖すぎます(泣)
2011/02/02(水) 21:49:31 | URL | 蓮猫ニャー #p8YI0gnU [ 編集 ]
どういう原理なんですかね?原子力推進て?

こういう存在もあってか60年代の近未来SFだったサンダーバードのマシンは原子力エンジンって設定だったのかなぁ?なんてことを思いました。
2011/02/03(木) 01:21:44 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
原子力飛行機の飛び方
楠木さん、原子力飛行機の飛び方は凄いシンプルで…
(コンプレッサーとかで)空気を取り入れる→一次冷却系でその空気を暖める→それをタービンに送り込む…です。
これが何を意味するか…というと[太字]『放射能を帯びた排気ガスを出す』[/太字]と云う事になります。
これじゃ~~実用になる訳ありませんがな。

もし間違いがありましたら後藤先生訂正ヨロ。
2011/02/03(木) 20:42:34 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
なるほど
>やまちゃん

フォローありがとうございます。
2011/02/07(月) 21:58:08 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/349-87899184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。