後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A3Jのライバル?コンベア空母搭載攻撃機案
このところピンパブにまったく行かなくなったのをいいこととして、アマゾンで本などを買い漁っている。それはそれで同様に赤貧になるのだが、なあに本ならば少しは仕事に使えるし、少なくとも便所紙(って、どうも古いね)よりはましだろう。

というわけで、先頃すでに姿を消して久しい、セガ最後の家庭ゲーム機となったドリームキャストを購入した。もちろん併せてエアロダンシング4枚とメモリーカードも購入したのだ。なぜ今頃ドリームキャストというなかれ。何しろ格安。以上すべてを併せても5,000円わずかに超える程度で、新品ソフト1枚分にも満たないのだヨ。。

ドリームキャスト本体ドリームキャスト本体
(1999/01/01)
Dreamcast

商品詳細を見る


何よりも、飛び物の最高傑作であろうエアロダンシングが格安で楽しめるということを買ったのだ。PS2の移植版ではAH-64が追加されるなど数多くの改良が見られるが、それなりに高くなるし性能的にはドリームキャストだってさほど負けてはいない。しかも中古で買えばソフトも安く、結構名作もあるのだ!

エアロダンシング 轟隊長のひみつディスクエアロダンシング 轟隊長のひみつディスク
(2000/01/20)
Dreamcast

商品詳細を見る



エアロダンシング featuring Blue Impulseエアロダンシング featuring Blue Impulse
(1999/03/04)
Dreamcast

商品詳細を見る

というわけで、これからは久しぶりに飛び物を家で楽しむことができる。パソコンでは寝転んでプレイできないため、専用のゲーム機のほうがオヤジは好きなのだ。でもそのうちPS2ソフトがプレイできるようになったPS3がリリースされたら、購入するのだろうな、きっと。

さて今回は、1950年代に入ってアメリカ海軍が要求した超音速新型艦上攻撃機計画に応じて、ノースアメリカン社が提案したノースアメリカン汎用攻撃兵器(NAGPAW)、後にその最終携帯がA3Jとして具現するのだが、その対抗馬としてコンベア社が提案した超音速機体案を紹介したい。

当時同社はF-102の発展型として、後にF-106となるF-102B計画を進めていたが、海軍からの超音速攻撃機要求に際してその計画を流用したのがこの案だ。呼称は与えられなかったのか判明していないのかは定かではないが、計画は空母搭載攻撃機と呼ばれていたようだ。

アメリカ海軍がマッハ2級の艦上攻撃機要求を公式に出したのは1955年1月のことであったが、これに先立ち各メーカーに内示があったようで、コンベア社は基本案を1955年1月3日に完成している。この案が凄いのは、戦闘機を母体としているだけに、核爆弾に加えて空対空ミサイル4発を機内収容していたことだ。

図でもわかるようにその外観はF-106Aに酷似しているが、コクピット後方に航法士席を新設し機首左右に前翼を設けたのに加え、インテイク開口部を縮小し半三角錐のショックコーンを設けてしるのが目立つ変化となっている。またエンジンはF-102Bより若干推力の小さなJ67-W-1(5,987kg、A/B時9,661kg)が選ばれ、これでマッハ2を狙った。

当然ながら尾部には着艦フックを装着しているが、主翼はエレボン端の位置で、垂直尾翼もラダー端で折畳み機構が設けられた。重量は不明だが、全幅12.5m(折畳み時8.38m)、全長23.2m、翼面積37.20㎡と資料には記されているが、F-102Bよりも翼幅が拡大されているにもかかわらず翼面積が60%程度というのはおかしく、何かが間違っているのだろう。

コンベア社ではこの機体を核攻撃も可能な超音速戦闘機として位置づけていたようで、当時の海軍戦闘機よりも高性能というのが売りだったようだ。またデルタ翼は離着陸距離が長いという欠点があるものの着陸速度自体は低く、カタパルトで発艦しフックで停止する空母運用では問題にならないものと考えられていた。

1957年11月12日付で詳細な基本図面が完成し海軍に提出されたが、すでに海軍ではノースアメリカン社のNA233案を選定しYA3Jの呼称で試作機製作を発注しており、コンベア社の案はそのまま葬りされれた。こうしてユニークな核攻撃戦闘機案は姿を消した。当然といえば当然だが。

もっともコンベア社ではこの前翼に興味があったようで、後のF-106A改良計画においてエアイン
テイク左右に前翼を装着した案を提出している。もっとも、これまた実ることなく終わったのだが…。

1_convert_20110201114434.jpg

コンベア社が作成した空母搭載攻撃機の3面図。翼端が折畳み式となっていることや、新設された前翼、大きく形を変えたインテイク周りなどに注意されたい
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
出来そこないの
EF-200*…ゲフンゲフン
でも、もしかしてコンベアはカナードデルタの効用に気が付いていた?
まさかね…
2011/02/01(火) 22:26:55 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/347-10731b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。