後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tupolev Tu-22: Russia's Pioneering Supersonic Bomber
先回モヤシがすぐ痛む云々と書いたら、早速コメントを頂戴した。それはまず茹でて味付けをしたから酢に漬けるというもので、確かに酢は食物の保存効果が高いしそれは十分納得のできるものだ。

しかし残念ながら、オイラの場合本質的に例外を除いて酢の物が苦手という難点がある。ピーナと10年近く付き合ったため昔はまったく駄目だった酢も、今では餃子にはたっぷり入れられるようになったのだが、やはり酢に浸ったものは避けたい気持ちが強い。

といっても酢飯は大好きだし、心太も大好きなのだ。このあたりは食のわがままといわれても仕方ないが、さすがに還暦を過ぎた今では直そうという気はない。いずれにせよご助言ありがとうございました。なるべく早くモヤシは食べるようにします。ハイ。

さて今回は、Tu-16中距離爆撃機の後継としてソ連が開発した双発超音速爆撃機Tu-22のモノグラフ「Tupolev Tu-22: Russia's Pioneering Supersonic Bomber」を紹介したい。NATOが確認したソ連機には固有のコードネームが与えられるのだが、普通なめきったような呼称が割り振られるのに対し、本機の場合は最初ビューティーの呼称が与えられた。

Tupolev TU-22: Russia's Pioneering Supersonic BomberTupolev TU-22: Russia's Pioneering Supersonic Bomber
(2005/11/19)
Sergey Burdin、Alan Dawes 他

商品詳細を見る

このことからも、当初NATOが本機に対して潜在的な恐怖感を抱いていたことをうかがい知ることができる。もっともその後、実態が明らかになるにつれてブラインダー(目くらまし野郎)と改められてしまったのだが…。

Tu-22の写真集ではないモノグラフとしては、日本語で読める「世界の傑作機」シリーズと、エアロファックス・シリーズのTu-22&Tu-22Mがあるが、このうちエアロファックスのものは長らく絶版状態が続いており、英語で読める本機のモノグラフは今回紹介する本書しかない。

エアロファックスの本は当然持っていたのだが、印刷所に写真複写のため渡したら紛失してしまい、絶版のため入手できずに困っていたため、2005年に刊行されたより新しい(エアロファックスのものは1999年刊)本書を購入した次第。刊行自体を知らなかったので、購入は5年以上後になってしまったのだが…。

ソ連空軍に籍を置いたセルゲイ・バルディンと、エアフォース・マンスリーなどの著者であるアラン.E.ダウイズがタッグを組んでまとめたもので、普通ならTu-22Mもセットになるのだが本書では272ページすべてをTu-22に割いており、その結果Tu-22に関する情報量は極めて多い。

まず開発から項を起こし、技術的特長、武装システム、偵察およびECMバージョン、配備状況、Tu-22RとTu-22Kの運用、脱出システム、1960~1989年の事故および登録抹消機、イラクとリビアの乗員訓練の各章に分けて解説が進められ、まずは王道ともいえる体裁を採っている。

本質的には読む本ではあるが、カラー、モノクロ共に写真は結構多く、随所に取扱説明書から転載したイラストが用意されており、視覚的な面でも十分なものを持っている。また各種派生型と事故に関する部分は本書の独壇場で、特に事故の部分は1機ずつその状況が記されており、これだけでも購入した価値はあった。

個人的には、Kh-22対艦ミサイルを胴体下面に懸架するBD-294パイロンの右側にあたる主翼付け根下面に引き込み式のラムエアタービン(多分)が確認できたことと、主翼下面に2基ずつ装着する離陸促進ロケットブースターの図が掲載されていたことがとても嬉しい。

もしいるとしたならばだが、Tu-22ファンならば手元に置いておきたい本であることは間違いない。ただし最近のトレンドであるカラー側面図などは3点しか用意されていないが、これは豊富な写真で補うことができる。出品者からの購入の場合、今でもアマゾンの価格より新品で600円近く安いのでお買い得だしネ。
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
Tu-22
これ、鳥養氏も指摘してますが、エンジンが止まって、推力が急変した時怖そうな気も。
思ったほど重用されなかったのもこのあたりにあるのかな?
阻止攻撃には有効そうな飛行機だけども…
あと、乗り込み方が面白いですよね。
椅子に乗ったらそのまんま上がればいいなんて。
ホント、昔のソ連は色々考えてますね。
けど、プラモは未だに旧エッシーのが唯一だっけ?
忘れた。
2011/01/23(日) 22:23:21 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark001.blog34.fc2.com/tb.php/344-a6973ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。